2019年01月12日

3学期始業式(衛生看護科)

 朝から小雨が降っていましたが、昼ごろにはあがりました。ただ雲が広がり、気温はあまり上がっていないように感じます。東京では初雪を観測したそうですが、小林もそう遠くないかもしれません。

 本日は衛生看護科の3学期始業式でした。本校への登校は今日からですが、病院での初仕事は1月1日の生徒もいたようです。
 
 校長先生は各学年のまとめ、次の学年へ向けて努力して欲しいと強く話されました。特に医療機関で働く・学ぶ生徒達です。日々医学・医療分野の進歩は著しく、それに対応できる学力・技術、心身共に弱ってしまわれる患者を支える力・見守る優しさなど身につけなければならないことはたくさんあります。「こうなって欲しい」は「あなたたちならできる」という期待の表れです。努力を怠らずに3学期もがんばりましょう。

3学期始業式(衛看).jpg

 保健衛生部からはインフルエンザや感染症の予防についての話しがありました。
現在宮崎県内にはインフルエンザ注意報が出ています。小林管内でも増えてきており、今以上に予防に励まなければなりません。特に医療現場に出ている生徒たちです。健康な毎日を送って欲しいと思います。

 生徒指導部からは登下校・学校生活・所属病院、全てにおいてけじめのある行動をとるようにというお願いがありました。衛生看護科の生徒は複数に所属しているため、それぞれでの学習、それぞれでの人間関係など全日制の生徒とは違う苦労があります。それでもその全てが看護師としての資質につながっていきます。勉強はなんのためにするのかを考えながら日々過ごしてください。

 2年生は准看護師試験が近づいてきました。実習が続いた前期、模擬試験が続いた後期、もうすぐその苦労が報われます。最後までがんばりましょう。
posted by kobanishi at 14:03| 衛生看護科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする