2018年12月15日

衛生看護科2学期終業式

 ここ数日、フロントガラスが凍っている小林。学校も暖房が大活躍しています。よその地域から来ている1年生は「南国のはずなのにこんなに寒いのかっ!」と思っていることでしょう。冬はまだまだこれからですよ〜と伝えたいです。
 本日は衛生看護科の2学期終業式を行いました。まずは努力賞の表彰から。欠席等がなく、勉学によく励んだ生徒として3年生の勝吉さんが選ばれました。3学期は他の学年の生徒からも出てくれるといいなぁと思います。

表彰(勝吉).jpg

 そして校長先生は登校する日数の少ない4年生に対して残された日々を大切に過ごすように、そして全員に対して学校の三大目標が達成できるように、と話されました。最後に「本気」という詩を朗読し、将来のことを考える有意義な冬休みを過ごし、元気に3学期を迎えられるようにして欲しいとお願いがありました。

2学期終業式(衛看).jpg

 教務部・黒仁田先生は、「今後ICTが医療現場にもひろがってくるだろうが、最終的には『人対人』。相手のことを思いやった行動が大切。衛生看護科生は冬休みでも勤務や実習、准看学校への登校は続くが、自分を振り返る時間をもって欲しい」と話されました。

 生徒指導部・落合先生は、時間と気持ちに余裕をもった通勤通学を心掛けること、普段なかなか口にすることができない(であろう)保護者への感謝の気持ちを伝えることをお願いしていました。

 年末年始は車が増え、こちらが気を付けていても事故に巻き込まれてしまうこともあります。いつも以上に気を付けて過ごしてください。

 全日制の終業式は21日(金)です。あと1週間、気を引き締めていきましょう!
posted by kobanishi at 14:14| 衛生看護科 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする