2016年06月24日

Last Day...

実習生のふたりが教育実習の最終日を迎えました。
卒業してから4年。今度は実習生として本校へ戻ってきてくれた二人。
4年前と変わることのないひたむきで素直な人柄がこの3週間の成長を支えました。

DSC07342 use.jpg  DSC07344 use.jpg

DSC_0110 use.jpg  DSC_0112 use.jpg 

最後となったホームルーム。生徒たちから寄せ書きやメッセージボードが手渡されたほか、指導教員からの激励の言葉で感極まる場面もあり、長かったようで短かった3週間がいかに充実していたかを感じさせてくれました。

「最初は不安と緊張ばかりでしたが、先生方の的確な助言のおかげで、3週間を乗り切ることができました。実習を通し、改めて「教師」という職業の“大変さ”ややりがい”を感じました。」
「生徒への伝え方や興味・関心をどうやって引くか、そして、板書の際の体の向きといった授業の中でしか学べないことを学ぶことができました。」
「残りの学生生活を全力で楽しみ、夢実現のために精進したいと思います。先生方、生徒の皆さん、3週間本当にありがとうございました。」

と、実習の感想や今後の目標を話してくれたふたり。素晴らしい教師を目指して、これからも努力を重ねて欲しいと思います。
中村瑠心先生、優花先生、3週間お疲れ様でした!!

posted by kobanishi at 17:06| その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする